Q-LETTER

アメリカのSOHO訪問記~2000年のQ-LETTERより

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 話はいささか旧聞に属するが、アメリカが今のような好景気に入る少し前、私の友人のひとりとその仲間たちが集まって、新規事業を立ち上げる準備をしている事務所を訪問したことがあった。  メンバーは企業コンサルタント、コンピューターのプログラマーを含め数人であったが、今は彼らがどんな仕事を立ち上げようとしていたか憶えていない。彼らが夢を実現しようとしていたオフィスは、新品ではないが、木調のオフィス家具を多用していた。  普段はひとりひとりが背の高い棚付きパーテーションに囲まれた自分の空間で仕事をし机の上には必ず家族の写真が飾られていたのは、大変印象深く憶えている。  仕事をするメンバーの机の近くにはみなが共通に集まる空間が、丸いテーブルとくつろげるイスを配したミーティングコーナーとして設けてあり、その周りには、植木鉢が置かれ、飲み物が自由に飲めるようにしてあった。  アメリカ人たちが決して贅沢ではなく、個人的にも、オフィスでも、中古家具を上手に自分たちのサイズに合わせて使っていたことを思い出す。  彼らの夢の実現へ向けて歩んだ道が今の好景気を作り上げているということだと、友人を通して知ることが出来た。  今、その友人は新しく産まれた子供のために、主夫業と経営コンサルタントをし、奥さんは医者として忙しく働いている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*