未分類

ほんとうの責任感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
上司の言うことを忠実にやる。疑問に思うことがあっても上司の言う事だから忠実にやる。 「上司の言ったことだから」と責任逃れを安易に言う社員が近くに言いませんか? 多分、話を切り出すときに決まって「これは○○部長にいわれたことなのですが」「これは社長にいわれたことなのですが」という枕詞がつくはずですから、そういう口癖の人がまわりに居るかどうか探してみると案外すぐに見つかります。 我々中小企業では、こんな「ガキの使い」を雇っている余裕はないのです。少なくとも上司の言うことを実行しているのですから「ほんとうは違うとは思うんだけど社長が言ってる事だからやってください、僕の考えとは違うんですよ」という逃げ口上だけは言わないでください。 みんなの同意を取り付けることはできないけどトップダウンを遂行するために動く。こういった局面では自分の立場を守ろうとする言動を吐いた段階で信頼を失ってしまいます。 トップダウンを遂行するポジションに立つ人は、社長と心中する気持ち、あるいは社長と徹底的に戦う気持ちいずれかを持ちあわせなければなりません。 小さな組織になればなるほど、個々人の決断と責任が重大になってきます。 決断と責任を人に委ね、自分で決断もしないし責任もとらない。 自分はこの会社で何をしたいのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加