ブチョーブログ

改善提案

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 業務の改善、とりわけ現場レベルの改善は日々の業務の中で行われていることでしょう。  しかし、業務改善の影響が自分の業務の範囲を超えてしまう場合他部門と調整したり上司の許可を得たりしなければなりません。 上司の許可を得てから他部門にごり押しするというのは「全体最適化」という意味では論外なのですが、とりわけ今回は上司に許可を得て改善提案するときのことを振り返ってみてください。 改善提案の内容を大きくつぎの2つに分けてみましょう。「手抜き」「もっと働く」 あなたの改善提案は「手抜き」のための提案が多いですか?「もっと働く」ための提案が多いですか? 人に仕事を転嫁するのではなく確実に仕事量が減るような業務改善は「業務の効率化」ですから「もっと働く」ための提案です。 自分が具申してきた改善提案。「手抜き」のための提案の比率が半数以上だったなら。 「ああ、この子は仕事やりたくないんやな」 そういうレッテルを貼られても仕方ありませんよ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*