Q-LETTER

Q-LETTER

全ての事は時にかなって美しい

「全ての事に時がある」 種を蒔く時、刈る時・・・花が咲く時、実がなる時・・・全ての事は時にかなって美しい 旧約聖書「箴言」より 自然のサイクル(時)にしたがって正確に生命の連環が繰り返されるように、人の為すことも、時を得 […]

Q-LETTER

アイデンティティ(自分の存在証明)

ノールウェイ、デンマーク、フィンランドの人達が集まって話をしている所で、 「どの国の言葉で話しているのか」と聞くと、「自分の国の言葉で」と答えてくれた。 日本でいえば方言のようなものだと理解した。同じことが、ポルトガル語 […]

Q-LETTER

まことの花にはあらず。ただ時分の花なり

表題は世阿弥の「花伝(かでん)書」、又は「風姿花伝」(室町時代の能楽論集)の中の有名な言葉です。 申楽を舞う若い美しい姿を今を盛りに咲く花に例えた「時分の花」に対して、 「まことの花」は修練を積み、芸に深みを加えた時に現 […]

Q-LETTER

明治時代商家の子育て

 現在、大阪の印象を人に問えば、食い倒れ、お笑いの町であるが、つい最近までは、商人の町であった。  「商都」は大阪の代名詞であったが、その商都の実際を動かしていたのは、青雲の志を抱いて地方から出てきた人達が多かった。その […]

Q-LETTER

燃え出るる春から緑深き季節へ

まるで炎が、燃え上がるように花が命の復活を謳歌し、木々の緑が噴出す。命の活動が一番感じられる時だ。 中国の古い医書「皇帝内経」(今から2200年ほど前の前漢の時代に書かれたらしい)は森羅万象をよく観察している事に驚かされ […]

Q-LETTER

ミッションステートメント

 「このために自分たちの会社が存在している」と言う「ミッションステートメント」が明確にならない企業というのは、マーケットでも成功しないと思う。  自分はこれをやるんだと言う説明責任がないと、人の理解や協力は得られない。お […]

Q-LETTER

時を経ないと、

 目まぐるしく変わる時代、にもかかわらず「時」が何よりも大切な物作りが伝統を重んじる世界では脈々と生きています。そこに人々は本当の味を見つけます。時を待たなければならないものを幾つか挙げてみました。 伝統的な木造建築用木 […]

Q-LETTER

マクロビオティック

マドンナ・トムクルーズ・シガニーウィーバー  アメリカの俳優たちは自分の体を美しく健康に保つために、いろいろの健康法を取り入れていることは当然だと思うが、これらの人々は、マクロビオティック法を取り入れていることに、注目し […]

Q-LETTER

進化するオフィス

「The Creative Office」の著者のひとり ジェレミー・マイヤーソン(就労パターンの変化と、それが家具商品、空間、環境に与える影響が主な研究テーマ)が検証する 。  仕事のための空間はライフスタイルと共にそ […]

Q-LETTER

俳句、盆栽、尺八

俳句、盆栽、尺八  いずれも、アメリカやヨーロッパでもそのままで通じる日本語です。共通しているのは小さなものが、大きなものを表現することが出来るということです。  「あの月を 取ってくれよと 泣く子かな」一茶の有名な句で […]

Pages: 1 2 Next